Welcome to my blog

上野サイクルどっとコム! 

愛媛県松山市で自転車屋を営む上野サイクルの各種レポート掲載します。

 BODY GEOMETRY 1 ~WEDGESの重要性~

こんにちは!スタッフかけるです!

今日はBODY GEOMETRYアイテムの紹介をします!
自転車に乗りはじめて2年くらい経つけど、「最近シューズがしっくりこない」「膝が痛むなぁー」といった悩みのある方がいると思います。
そこで!その悩みを解決する「WEDGES」を紹介します!
23584671_1151059948357786_1657274367_n.jpg
こちらのアイテムは、足を自然に垂らした時の前足部の傾き具合によって生まれる、シューズと足との隙間を埋めるものです。
これをインナーソールの下に加えることで、ペダリングしている膝の悪影響を防止する事ができます!

黄色とオレンジ色は役割が異なります。そのことについて説明します!
まず、オレンジ色のアイテムが内反用ウェッジです。

「前足部が内反している」状態とは!
踵を後ろから見たときに親指側が高くなっている状態のことを言います。
その状態を補正するための内反用ウェッジは親指側が1.5mm厚くなっています!
23619268_1151655954964852_563356896_n.jpg

この画像は、実際の僕の右足ですが、平面を示す黒線に対して、前足部の傾きを赤色の線で表しています。。
なので僕の足も親指が高くなっていることが分かります。
前足部の傾き具合は、人によって様々ですが、88%の方が内反に傾いているそうです。

傾き具合が反対の方は外反になっているので黄色の外反用ウェッジを使うと効果的です!

このように、二つのアイテムは怪我を防止したり、ペダリング時に起こる膝のたわみを軽減することができます。
自転車に乗って無駄なくペダルに力を伝えるためには、
サドル高、前後位置を調整することも凄く大事なことなのですが、
前から見たとき、上から見たときの膝の動きがどうなっているかを知ることも非常に重要です!!

補正して膝への負担を減らして、効率の良いペダリングをしていきましょう!!








スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment